【読書効率アップ!】Kindleがオススメな人の3つの特徴!

【読書効率アップ!】Kindleがオススメな人の3つの特徴!

こんにちは、タカヒロ(@sugarsalt123)です。

今回は、わたしも毎日使っている読書アイテムのamazon「Kindle」についての記事です。

以前まで読書というと、紙の本しか読んだことがありませんでした。

「画面を見ていると目が疲れそうだし、読書しているって感じがしなそう」とわたしは思っていました。

しかし、Kindleを使いはじめてから紙の本にはない便利さと、魅力を知ったのです。


あなたは、Kindleで本を読んだことがありますか?それとも、紙の本のみで読書をしていますか?

紙の本には紙の本の良さがあり、KindleにもKindleならではの良さがあります。

わたしは状況により両方とも使い分けることで、今まで以上に読書を楽しめています。

・Kindle本と紙の本どっちがいいの?
・Kindle端末は必要?

今回は、このような疑問や悩みを解決する記事です。

本記事ではKindle本が向いている人の3つの特徴とKindle端末の必要性、メリットとデメリットをお伝えします。

まだKindleを使ったことがない人には、本記事を読んでKindleを使ってみようと思っていただければうれしいです。

【読書好き必見!】Kindle本がオススメな人の3つの特徴!


次の方には、ぜひKindleを使ってほしいです。

  • 毎月、本をたくさん買う人
  • 出先でよく読書をする人
  • 本の保管場所がない人

このような方がKindleを使えば、さらに読書効率が上がり、今まで以上に楽しく読書ができます。

記事で詳しく解説しましょう。

①:毎月本をたくさん買う人

まったく同じ本でも紙の本とKindle本では、Kindle本のほうが紙の本より若干安いです。

なぜなら、紙の本は書店で定価でしか販売できませんが、Kindle本のような電子書籍の場合はamazonで価格を設定でき、割引やセールもできるからです。

そして、Prime会員ならPrimeReadingを利用できるので、無料で読める本もたくさんあります

最近でも、わたしは本屋さんで本を買ってくると、PrimeReadingで無料で読めた・・・、という失敗をしてしまいます。

毎月本をたくさん購入する人はKindle本の方が断然オトクですね。

②:出先でよく読書をする人

出先でよく読書をする人にKindleがオススメです。

なぜなら、KindleだとスマホやKindle端末にデーターとして何冊も保存できるため、たくさん本を携帯できるからです。

そのときの気分にあわせて小説を読んだり、マンガを読んだりできますよね。

紙の本の場合は持っていける数に限りがあるので、携帯性でいったらKindleが強いです。

わたしはスマホで読むので休憩時間でもサクッとKindleアプリを開いて読書しています。

本当に手軽に読書ができますよ!

③:本の保管場所がない人

本の保管場所に困っている人はKindleが向いています。

とくに賃貸住宅に住んでいる方は、本をたくさん保管すると引っ越しするときに大変・・・

なんてこともあるでしょう。

Kindleでは端末にたくさん本を保存できるので、紙の本のように保管場所がいらないのもKindleのメリットですね。

紙の本だと増えるにつれ、本棚を増やし、保管場所を考えないといけません。

本を保管する場所がない人はKindleを使うといいでしょう。

Kindle専用端末は必要?

「Kindleで読書するのにKindle端末は必要?」と購入を悩んでいる方もいるでしょう。

わたしもKindle端末の購入はしばらく悩んでいました。

「あると便利そうだけど、スマホでも普通に読めるしなー」なんて考えていました。

悩みに悩んででた結論は、「必ず必要ではないけれど、Kindle本を多く読む人なら購入してもいい」ということです。

下記でKindle端末の種類と特徴、Kindle端末のメリットとデメリット、用端末以外で読む方法をお伝えします。

Kindle端末の種類

Kindle端末の種類と特徴を簡単に紹介します。

Kindle

【スポンサーリンク】

Kindleの中で一番安いモデルです。

Kindle端末の中で防水機能がない端末で、お風呂など濡れる場所で使う方は、

下記で紹介する上位機種を選ぶといいでしょう。

  • 容量 4GB
  • 重量 約174グラム
  • 画面サイズ 6インチ
  • 価格 8,980円
  • 解像度 167ppi
  • 防水機能 なし

Kindle Paperwhite

【スポンサーリンク】

価格が中間の人気モデルです。

防水機能のモデルで、解像度もよく小さい文字もきれいに見れます。

  • 容量 8GB,32GB
  • 重量 約182グラム
  • 画面サイズ 6インチ
  • 価格 13,980円〜17,980円
  • 解像度 300ppi
  • 防水機能 IPX8等級

Kindle oasis

【スポンサーリンク】

Kindleの最上位モデルです。

Kindle端末で唯一画面サイズが7インチあり、最大の特徴は画面の色調を調整できる機能があります。

まわりの明るさに合わせて自動で画面の明るさを調整し、自分の好みの明るさにも調整できます。

  • 容量 8GB,32GB
  • 重量 約188グラム
  • 画面サイズ 7インチ
  • 価格 29,980円〜34,980円
  • 解像度 300ppi
  • 防水機能 IPX8等級

Kindle端末のメリットとデメリット

下記がKindle端末のメリットとデメリットになります。

メリット

  • 目が疲れない
  • スマホより紙の本にちかい


上記がメリットで、Kindle端末の画面はブルーライトがないので目に優しく、疲れにくいのがいいですね。

画面がモノクロなので紙の本に近く、重量も軽いのが魅力です。

太陽光のもとでも画面が反射しない構造になっているので、「外だと読みにくい」ということもありません。

デメリット

  • マンガがカラーで読めない
  • 操作に慣れが必要


上記がデメリットで、画面がモノクロなのでマンガはカラーで読めません。

Kindle端末の操作には慣れが必要で、最初のうちは使いにくいな。。。ということもあるかもしれないです。

専用端末じゃなくても読めるよ!

Kindle本は専用端末がなくても読めるって知ってましたか?

Kindleアプリをダウンロードすれば本を購入してスマホで読めます。

Kindle端末に比べて画面のサイズは小さくなるものの、意外に使いやすいです。

amazonプライム会員ならPrime Reading(プライムリーディング)から無料で読める本も多くあります。

Prime ReadingKindle Unlimited
料金Prime会員なら無料月額980円
本の数約1,000冊約12万冊
キャンペーンPrime会員30日間無料体験30日間無料体験

さらに多く本を読みたいときはKindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)という有料のサービスもおすすめです。
12万冊もあるので、好きなだけ読書を満喫できるでしょう。

まとめ

  • 毎月本をたくさん買う人
  • 出先でよく読書をする人
  • 本の保管場所がない人


まとめると、上記の方にKindleがおすすめです。

Kindle専用端末はKindleは利用してみて、専用端末が必要になったとき買えばいいと思います。

ここまで、Kindleがオススメな人の3つの特徴とKindle専用端末のメリットやデメリットを紹介しました。

ぜひ、外出先での読書にKindleの利用をご検討ください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

amazon

Posted by タカヒロ