解約金がいらない!?クラウドWiFi東京の評判と4つのメリット

2020年6月24日

解約金がいらない!?クラウドWiFi東京の評判と4つのメリット

こんにちは、タカヒロ(@sugarsalt123)です。

クラウドWiFiはWiMAXのように速度規制が無く、容量を気にせず使えます。

そのなかでも、最近人気の「クラウドWiFi東京」は”解約金ゼロ”と、魅力的なクラウドWiFiです。

・本当に解約金なし!?
・評判は良い?

今回は、このような疑問を解決する記事です。

本記事にて、人気のクラウドWiFi東京の評判とメリット・デメリットをご紹介します。

クラウドWiFiを試してみたい方は最後まで読んでいただけるとうれしいです。

解約金がいらない!?クラウドWiFi東京の評判と4つのメリット

最近はクラウドSIMを利用したWiFiに、通信障害が発生し全く使えない状態になる、というトラブルもありましたね。

それですと、WiMAXやPocket WiFiの方が良いのではないかと思われますが、クラウドWiFiには3日で10GBなどの通信規制が無いことや、価格が安いことが魅力です。

クラウドWiFiの中でも「クラウドWiFi東京」は”違約金なし”が話題になっています。

さっそくだけど、
クラウドWiFiの4つのメリットってなに?

  • 違約金なし・縛りなし
  • 通信容量の制限なし
  • 月額3,380円と格安
  • 135カ国で海外利用が可能

上記がクラウドWiFi東京の4つのメリットです。

記事でクラウドWiFi東京の魅力を詳しくお伝えします。

クラウドWiFi東京はどんなWiFi?

クラウドWiFi東京は、通信容量が使い放題のクラウドWiFiのレンタルサービスです。

最大の魅力は、解約に違約金が発生しないので、試しに契約してみたい方にもオススメ。

クラウドWiFiは「クラウドSIM」を利用し、インターネットに繋がります。

端末の電源を入れると自動で最適な電波をキャッチし、細かい端末設定がいりません。

クラウドWiFiについて詳しく知りたい場合は、下記の記事をお読み下さい。

クラウドWiFi東京の端末「U2s」の特徴



クラウドWiFi東京には「U2s」という端末があり、下記の特徴があります。

U2s(出典:クラウドWiFi東京
重量149g
サイズ12.7×6.6×1.4(縦×幅×厚み)
連続使用時間約12時間
接続台数5台まで
最大通信速度下り:最大150Mbps、上り:最大50Mbps

U2sの機能は端末前面にある電波状況・バッテリー残量の表示ランプの他に、電源ボタンのみ。

電源を入れると30秒〜1分弱で電波をキャッチし、スグ使えるので、扱いやすい端末です。

他のルーターに比べると液晶画面が無く、モバイルルーターのようなガジェット感がないものの、余計な機能がないシンプルさが最大の特徴でしょう。

クラウドWiFi東京の4つのメリット

クラウドWiFi東京にはどんなメリットがあるのでしょうか。

記事で4つのメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット①:解約金ゼロ・縛りなし

「解約金がないって本当?
他のクラウドWiFiは解約金が高いのに、信じられない。」

と疑ってしまいますよねー。

クラウドWiFi東京は本当に解約金が無いんです!

しかも、なんと最低利用期間が1ヶ月で、試しに使ってみて自宅で電波状況が悪いなど、使いづらい場合はスグ解約できます。

最近、クラウドSIM型のWiFiは大規模な通信障害でまったく通信できないというトラブルもありました。

そんな状況でも契約期間・違約金を気にせずに解約できます。

メリット②:通信容量の制限なし

クラウドWiFiのメリット2つ目は、通信容量に制限がないことです。

WiMAXには3日で10GB、LTE通信で月7GB以上使うと速度規制がかかってしまうのですが、
クラウドWiFiは何GBまでという制限がありません。

「それじゃあどれだけ使っても大丈夫なの?」

一応使い放題ではありますが、利用者が公平に通信を行えるように、一定の期間で大量の通信を行った場合には、
運営側の判断により「384Kbps」の速度規制がかかることもあります。

メリット③:1日缶ジュース1本分の料金!

クラウドWiFi東京の料金プランは1つのみです。

月額3,380円(税抜)で初月のみ事務手数料3,980円がかかります。

「3,380円で使い放題なんて安いですね。
他のクラウドWiFiと比べると実際どうなんでしょうか?」

下記に他社のクラウドWiFiとの比較表をまとめました。

THE WiFi3,480円
限界突破WiFi3,500円
Mugen WiFi3,280円
それがだいじWiFi3250円
ゼウスWiFi2,980円
めっちゃWiFi3,480円
どこよりもWiFi3,380円


比較してみるとクラウドWiFi東京は一番安いわけではありませんが、解約金ゼロ・縛りなしを考えると一番契約しやすいクラウドWiFiですね。

海外の135カ国で利用できる

クラウドWiFi東京は、海外135カ国で使えます。

海外では、使った日数分の料金が加算されます。

使った日のみ料金が発生する仕組みになっており、電源を入れなければ請求されません。

「海外では1日いくらくらいの料金がかかるの?」
と思いますよね。

料金は国にもよりますが、1日700円〜3,450円まであります。

海外旅行に行く前にWiFiルーターをレンタルしたり、SIMを購入したりする手間がいらないので、とても便利ですね。

クラウドWiFi東京のデメリットとは?

クラウドWiFi東京のメリットをお伝えしてきましたが、もちろん良いところばかりではありません。

デメリットには

  • 他のWiFiに比べると通信速度が遅い
  • 端末を無くしたり壊したりした時の請求金額が高い

の2つがあり、下記でそれぞれ詳しくお伝えします。

他のWiFiに比べると通信速度が遅い

クラウドSIMを使ったWiFiに共通するのですが、WiMAXなどの他のWiFiより通信速度が遅いです。
クラウドWiFiとWiMAX、Pocket WiFiの人気端末と比べたのが下記の表です。

クラウドWiFi東京(U2s)WiMAX(W06)
WiMAX2+
ハイスピードモード
Pocket WiFi(803ZT)
下り:最大150Mbps下り:最大558Mbps下り:最大988Mbps
※無線LAN接続では
最大866Mbps
上り:最大50Mbps上り:最大30Mbps上り:最大37.5Mbps

比べると圧倒的に速度が遅いですね。

「それでは、WiMAXかPocket WiFiの方が良いんじゃないですか!?」
と思いますよね。

しかし、WiMAXとPocket WiFiには”3日で10GBまで”や”月々7GBまで”のような通信規制があるのです。

その点、クラウドWiFiは制限がほとんどなく、容量を気にしなくて済みますね。

端末を紛失・破損・故障させた場合の修理代金が高い

クラウドWiFi東京は、端末を紛失・破損・故障させた場合は修理代金が請求されます。

「修理代金が高いって書いていますが、
いったいどれくらいの料金が請求されるのですか?」

水濡れ・盗難・紛失・故障で25,000円が請求されます。

しかし、クラウドWiFi東京にはオプションで安心保証があり、月に400円を追加すると
水濡れ・故障は無料。

紛失・盗難は15,000円
と安くなりますので、ハードに使う人は安心保証も一緒に加入しましょう。

クラウドWiFi東京の評判はどうなの?

「ここまで読んでみて、評判良さそうな感じだけど、
実際のクラウドWiFi東京の評判はどうなの?」

クラウドWiFi東京の評判は、今のところは通信障害の報告もなく、解約金がいらないのが好評のようです。

下記では実際の口コミをご紹介します。


良い口コミ!

クラウドWiFiの通信速度で下り10Mbps以上出ているなら良い方ですね!

このくらい速度が出ていれば動画もネットも快適に使えます。

悪い口コミ!

使える時と使えない時があるのは、繋がるキャリア回線の違いなのかなと思います。

全然速度が出ないときは、再起動してみると回線が切り替わり改善されることが多いですよ。

【スポンサーリンク】

まとめ

  • 解約金無し・縛り無しが、クラウドWiFi東京の最大のメリット。
  • クラウドWiFiは基本的に他のWiFiより速度が遅い。
  • レンタルなので紛失・破損・故障をさせないように気をつけよう。

上記が本記事のまとめです。

本記事では、クラウドWiFi東京の特徴やメリット・デメリット、実際に使用している方の評判をご紹介させていただきました。

記事を読んで使ってみたくなった、という方は解約金、縛りが無いので気軽に契約してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、また!