【iOS14】便利な小技!iPhoneの背面タップを使いこなそう!

2021年1月25日

【iOS14】便利な小技!iPhoneの背面タップを使いこなそう!


こんにちは、タカヒロ(@sugarsalt123)です。


iOS14の「背面タップ」では、iPhoneの背面(カメラのある裏面)をタップするだけでよく使う操作を呼び出せるようになりました。

  • どんな機能が背面タップで操作できる?
  • オススメの設定方法は?


今回はこのような疑問を解決します。

本記事では背面タップの概要や設定方法、オススメの設定をお伝えします。

背面タップで簡単に機能を呼び出しましょう!

iPhoneの背面タップ設定とは?

はじめに、iPhoneの背面タップ設定とは?


背面タップとはその名の通り、iPhoneの背面を「ダブルタップorトリプルタップ」するだけです。


Siriを呼び出したり、コントロールセンターを開いたり、音量調整、ショートカットまで背面を指でトントンするだけで実行できます

背面タップの対応機種


下記が対応機種の一覧です。

  • iPhone 8 、 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS 、XS Max 、 XR
  • iPhone 11 、 11 Pro 、 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12 、12 mini 、 12 Pro 、 12 Pro Max


背面タップにできる設定とは?


下記が背面タップに設定でできる機能です。

  • 作成したショートカット
  • Siriを呼び出す
  • アクセシビリティショートカット
  • コントロールセンターの呼び出し
  • スクリーンショットの撮影
  • Appスイッチャー
  • 音量の上げ下げ
  • 簡易アクセス
  • Spotlight
  • シェイク
  • ホーム
  • AssistiveTouch
  • 画面をロック
  • 消音
  • 通知センター
  • VoiceOver
  • ズーム
  • 上下にスクロール
  • 音声コントロール
  • 画面の読み上げ
  • 拡大鏡
  • 反転(クラシック、スマート)

iPhoneで背面タップを設定してみよう!

iPhoneで背面タップを設定してみよう!


画像も加えて、背面タップの設定方法を分かりやすくお伝えします。

①はじめに【設定】を開く


②設定アプリを起動したら【アクセシビリティ】を選ぶ


③アクセシビリティの身体機能および操作から【タッチ】を選ぶ


④次にタッチの最下部にある【背面タップ】を選ぶ


⑤【ダブルタップとトリプルタップ】が選択できるので設定したい方を選ぶ


⑥ここで背面タップで使いたい操作を選択し、設定完了

iPhoneの背面タップでイチオシの設定


背面タップに設定すると便利なイチオシの設定をお伝えします。

【スクリーンショット】よくスクショする人にぴったり!


通常のスクリーンショットの手順より簡単に撮影できるので、イチオシの設定。


電源ボタン+ボリュームボタンの同時押しより簡単にスクショできます。

僕はトリプルタップに設定しています!

【コントロールセンター】開く頻度が高い人は必須!


コントロールセンターは、WiFiやBluetoothのON-OFFや音量、画面の光度、懐中電灯など、さまざまな操作が行えるので、iPhoneでも使用頻度が高い画面ですよね。


僕もWiFiのON-OFFや懐中電灯などを使うときによく使うので、ダブルタップに設定しています。

頻繁にコントロールセンターを開く人はダブルタップに設定していると一発で起動できるのでオススメです。

【ショートカット】


背面タップではショートカットアプリで作成したショートカットも設定可能!


ショートカットはショートカットアプリから自由に作成でき、ツイッターのトレンドやツイートをワンタップで確認や、ミュージックの再生、アプリの起動など、たくさんの便利な使い方ができるのです。 


作成したショートカットを背面タップに設定することでさらに速く操作できます。

まとめ

  • ダブルタップとトリプルタップでよく使う機能が簡単に使える
  • 対応機種を確認しよう


背面タップに使用頻度の高い機能は設定しておいて損はないでしょう。

本記事では背面タップの概要から使い方、設定方法など、おすすめの設定をご紹介させていただきました。

ぜひ、背面タップを設定して活用してみてください!

では、また