大腸検査を受けてきた!検査の感想とかかった費用!

こんにちは、タカヒロです。

つい先日に大腸検査を受けてきました。

大腸検査は大腸の中にカメラを入れて、大腸癌や大腸ポリープなどの異常がないかを調べる検査です。

  • 大腸検査の流れを知りたい
  • 大腸検査って痛い?
  • 一番辛かったことは?
  • 費用は?

今回はこんな疑問を解決します。

実際に検査を受けた経験から検査先日から当日までの流れ、検査をした感想をお伝えします。


これから大腸検査を受ける方はぜひ読んでみてください。

大腸検査を受けるまでの経緯


僕は消化器内科にて大腸検査を受けてきました。

なぜ、大腸検査を受けることになったというと、検査を受ける数日前にトイレに行ったら血便になっていたからです。


1日で3回も血便だったので、さすがに不安になり消化器内科を受診することにしました。


診察では血便の原因はさまざまなので、詳しく検査しないと分からないと言われ、3日後の月曜日が大腸検査日に確定。


検査前日はエニマクリンという検査食しか食べられないので空腹でしんどかったです。。。

大腸検査の前日


さて、検査前日は検査食しか食べられない辛い一日です。

まずはじめに朝食は「鯛がゆ」でした。

なかなかの薄味で鯛の味を堪能。

おかゆを食べるのも久々なので物足りなかったです。


お昼前にはお腹がペコペコに。。。


そして、待ちに待った昼食は「おかゆ&和風ハンバーグ



おかゆは変わらず無味でしたが和風ハンバーグは思っていたより食感もしっかりしていて美味しかったです。


ただ、やはり物足りないですね。


午後には間食のおやつ「りんごゼリードリンク&ビスコ」があり、唯一の固形物のビスコは神でした。
こんなにビスコがおいしいと思ったのは初めてでした。笑


本日最後の夕食は「コーンポタージュ」のみ。

え、これだけなの?と思いますよねー。


これだけなんです。

お腹が空いたら水を飲むしかありません。

ちなみに飲み物は水、コーヒー、お茶、スポーツドリンクは大丈夫で、NGなものは牛乳やお酒だそうです。


夜8時にはマグコロールという下剤を水に溶き飲みます。

そして、就寝前にもまた別の種類の下剤を飲み、下剤は即効性はなく翌朝に効くはずだったのですが、僕はすぐ効いたようでお腹がゴロゴロ鳴っていました(笑)

大腸検査の当日


検査当日の朝は6時に起床し、坐薬を使います

コップ一杯の水を飲み、7時以降はすべて飲食は禁止だそうです。

そして、8時に検査開始。


初めての大腸検査は緊張と恐怖でした。

痛いのかと思っていましたが、痛みはなく、とにかくお腹が苦しかったですね。


検査時間は約20~30分で終了です。


なにより終わったあとの開放感と、このあとの朝食が楽しみで堪りませんでした。

まとめ:検査結果


検査終了後に先生と大腸内を撮影した映像を見ながら異常な箇所がないか確認しました。


とくに異常はないとのことでした。

すごい丁寧に解説してもらえて一安心です。


なにもなくて良かったー。


検査費用は薬と検査食に約1,800円当日の検査で5,000円合計で約7,000円でした。


そして、待ちに待った朝食は生姜焼き弁当です。

今まで食べた生姜焼き弁当で一番うまかったです(笑)


本記事では大腸検査の当日までの流れと大腸検査を受けた感想をお伝えしました。


大腸検査を受ける方の参考になれば幸いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。