モバイルWiFiルーターとは?ネットの接続が簡単すぎる!

こんにちは、タカヒロ(@sugarsalt123)です。

家の中でも外でも、どこでもWiFiが使えるモバイルWiFiルーターはアウトドア好きな人にもぴったりの外で使えるWiFi端末です。

あなたはモバイルルーターについてこんなことを考えていませんか?

「モバイルWiFiルーターって何?」
「使い心地はどうなのかな?」
「いろいろなタイプがあるって聞いたけど、どんな端末があるの?」

今回は「モバイルWiFiルーターってどんなWiFi端末なのだろう?」と考えている人をはじめ、使ってみたいなと考えている人に向けた記事です。

実際にモバイルWiFiルーターを使っており、WiFi関連の記事を書いている私が詳しくお伝えします。
本記事を読むことでモバイルWiFiルーターへの理解が深まり、端末選びの参考になるでしょう。

それではさっそく見てみましょう!

ネット接続が簡単すぎる!モバイルWiFiルーターとは?

モバイルWiFIルーターとは外出先でもインターネットに接続できる端末です。

スマホのように小型で持ち運びに最適なものから、クレードルという台座に置き自宅でも快適に使えるものまであります。

固定回線のような工事がいらず、接続がとても簡単で、電源をつけて1分ほど待てば自動的にネットへ繋がる機種がほとんどです。

1台で約5台から10台までのWiFi対応の端末で使用でき、スマホやPC、タブレット、ゲーム機を屋外屋内の両方でインターネットに接続できます。

ルーターの販売はauやソフトバンク、ドコモなどの携帯ショップや家電量販店などの店頭でも契約できる他、ネットでは割引サービスやキャッシュバックキャンペーンなど、オトクに契約できる会社もあるのです。

アウトドアや小旅行など、ちょっとしたお出かけに便利で、一度使いはじめると無くてはならない存在になるでしょう。

下記ではモバイルWiFiルーターの種類からメリット・デメリットをご紹介します。

モバイルWiFiルーターの4つの種類

  • au、ドコモ、ソフトバンクなどのキャリアから販売されている端末
  • SIMフリー端末
  • WiMAX
  • クラウドSIM型の端末

モバイルWiFiルーターは上記の4つに分類されています。

キャリアのモバイルWiFiルーター


キャリアから販売されている端末には5Gに対応した端末も販売されており、対応エリアでは、さらに速い高速通信が可能になりました。

下記はドコモから販売されているWi-Fi STATION SH-52Aで、5G対応端末で、通信速度が受信最大速度4.1Gbpsもあるのは驚きですね。

詳しくは下記のドコモ公式サイトをご覧ください。

今後も5G対応端末がどんどん増えていのでしょうね。

ドコモ公式サイト

SIMフリーのモバイルWiFiルーター


SIMフリー端末は格安SIMを自ら購入し、使えるのが特徴です。

端末と格安SIMの両方を購入しなければいけませんが、他のモバイルWiFiルーターより格安で使えるのが魅力でしょう。

代表的なものでは楽天モバイルがこのタイプに入ります。

WiMAX

UQ WiMAX


WiMAXはモバイルWiFiルーターの中では契約者数が多く、提供している会社も多いのでとても人気です。

モバイルルーターのみならず、工事不要のホームルーターも販売しており、家電量販店でも契約できます。

あわせて読みたい

クラウドSIMのモバイルWiFiルーター



最後のクラウドSIM型の端末は、わたしも使っている端末で、クラウドSIMという技術を使ったWiFiです。

クラウドSIMの特徴として、モバイルルーター端末は通常SIMカードが必要なのですが、クラウドSIMではSIMカードがいらないという変わった仕組みになっています。

使用している場所で最適なSIM情報をサーバーから受信し、さまざまな回線に繋がるので通信エリアが広いのも特徴です。

モバイルWiFiルーターのメリット・デメリット

モバイルWiFiルーターには、さまざまな種類がありましたね。

ここからはルーターすべてに共通するメリットとデメリットをお伝えします。

モバイルWiFiルーターは良い点もたくさんありますが、実際に使ってみると悪いと感じる点も見つかるでしょう。

メリット・デメリットを知ることで、自分の使い方に合ったモバイルWiFiルーターを選べるようになります。

それでは詳しく解説しましょう。

メリット

モバイルWiFiルーターには下記のメリットがあります。

  • 工事無しで使える
  • 持ち運びが可能で、外でも使える
  • 複数台を接続できる
  • スマホのデーター通信量の節約になる

工事がいらないので契約して端末が手に入れば、すぐWiFiが使えるようになります。

端末はとてもコンパクトなので持ち運びに最適です。

格安スマホのように月額費用が安く、データ通信容量が少ない場合はとくに外出先で通信容量が気になりませんか?

モバイルWiFiルーターを1台持って出かけるだけで、容量を気にするというストレスから開放されます。

自宅に戻れば複数台をモバイルWiFiルーターに接続できるので、スマホだけでなくPCやゲーム機といったWiFi対応端末で快適に通信ができるでしょう。

そして、スマホのデーター通信容量をあまり使わなくなるので、データー容量の少ないプランに変更し毎月のスマホ代を安く抑える効果もあります。

このようなメリットを知ると使ってみたいなと思いますよね。

デメリット

次はデメリットをお伝えします。

デメリットは実際に使ってみないと分からないことが多く、モバイルWiFIルーターを契約する前に知っていたほうがいいでしょう。

下記がモバイルWiFiルーターのデメリットです。

  • 充電を忘れると途中で使えなくなる
  • 使用環境により電波が悪くなる
  • 固定回線より通信速度が遅い

そもそもモバイルWiFiルーターは毎回充電しないとバッテリー切れで使えなくなります。

うっかり前日に充電し忘れて翌日の朝に気づき、そのまま出かけると途中でバッテリー切れになり使えなくなるということも・・・。

そして、通信エリアでは快適に使えるのですが、山間部やトンネル、高層ビルでは電波が悪くなることがあります。

自宅でも使えるのですが、やはり通信スピードは固定回線には負けてしまいます。

最近はコロナウイルスの影響で在宅で仕事する人も増えるなか、WiFi環境が不安定だと仕事にも支障がでますよね。

ビデオ会議をする場合はとくに通信速度に速さが必要になるので、テレワーク中の方はモバイルWiFiルーターより固定回線が適していると言えるでしょう。

まとめ

  • モバイルWiFiルーターは工事不要で外出先でも使える便利なWiFi端末
  • 4つの種類があるので自分に合ったものを選び契約しよう
  • メリット・デメリットを契約前にしっかり確認しておこう

わたしもクラウドSIM型のモバイルWiFIルーターを使いはじめて半年近くなり、突然通信が遅くなりイライラすることもありました。

しかし、いざ外出時になると外でWiFiが使えるのは便利だなと思うこともあります。

とくにこれから契約してみようかなと思っている方には通信エリアだけはよく確認して契約してほしいなと思います。

エリア外の場所が多いと全然使えないこともあり、解約しようにも初期解約ができる日数を過ぎた場合は解約金がかかるという残念なケースも・・・。

契約前によく下調べをすることで特典やキャッシュバックの多い会社と契約でき、契約してから失敗したということも無くなるでしょう。

本記事では、モバイルWiFiルーターとは何かということから、種類、メリット・デメリットをご紹介させていただきました。

この記事があなたのモバイルルーター選びの参考になれば幸いです。

では、また!