WiMAXの2機種を比較!W06とWX06で迷っている人は必見!

WiMAXの2機種を比較!W06とWX06で迷っている人は必見

こんにちは、タカヒロ(@sugarsalt123)です。

今回はWiMAXで人気のW06とWX06の2機種を徹底比較してみました。

WX06のほうが最新機種ですが、選ぶならW06が断然おすすめです。

W06とWX06のどっちを買うべき?
・W06とWX06はどこが違うの?

今回はこのような悩みを解決する記事です。

本記事では、W06とWX06の機能の比較、口コミと評判、オトクに契約できるプロバイダをご紹介します。

最後まで読んでWiMAXを安くオトクに契約しましょう!


W06とWX06の機能を比較

W06とWX06の機能を比較してみましょう。
通信スピードとバッテリーの持ち、両者の特徴を比べました。

比べてみれば、どちらがあなたにぴったりか分かるかもしれません。

通信スピードはどっちが速い?

WiMAXを使う上で一番気になるポイントは通信スピードですよね。

YouTubeやNetflixなど動画を快適に視聴するには通信スピードがとても重要になります。

「では、W06とWX06ではどっちが通信スピードが速いの?」

通信スピードは圧倒的にW06が速いです。

下記にW06とWX06のカタログ上の通信スピードをまとめました。

機種:W06WX06
下り最大速度:867Mbps(無線接続)
1.2Gbps(USB接続)
440Mbps
上り最大速度:75Mbps75Mbps

見てもらうと分かるとおり、カタログ上では無線接続でW06が倍近くスピードが速いです。

「実測はどうなのかな?」と思う方もいますよね。

ここで通信速度比較サイト「みんなのネット回線速度(みんそく)」の実測平均値を見ていきましょう。
測定場所やプロバイダにより速度が変わるので「GMOとくとくBB」の実測平均値を紹介します。

Speed Wi-Fi NEXT W06

GMOとくとくBB
測定件数: 1575件
平均Ping値: 74.26ms
下り平均速度: 36.06Mbps
上り平均速度: 4.29Mbps

引用元:みんなのネット回線速度

Speed Wi-Fi NEXT WX06

GMOとくとくBB
測定件数: 912件
平均Ping値: 59.12ms
下り平均速度: 21.72Mbps
上り平均速度: 4.07Mbps

引用元:みんなのネット回線速度

実測平均値でも倍とまではいかないものの、W06が圧倒的に通信スピードが速いですね。

バッテリーが長く持つのはどっち?

モバイルルーターの場合、外出での仕様が多いのでバッテリーの持ちは長いほうがいいですよね。

それでも8時間〜10時間持てば外出では十分でしょう。

W06とWX06ではWX06の方が連続通信時間が5時間も長いので、W06より長い時間使えます。

機種名:W06WX06
連続通信時間:約9時間約14時間
バッテリー容量:3,000mAh3,200mAh

2つの最大の特徴とは

W06の最大の特徴

W06とWX06には両者ともに2つずつ最大の特徴があります。

まずはW06では電波の送信強化と通信モードの自動切り替えが最大の特徴。

ひとつめは、「TXビームフォーミング機能」です。

「名前はかっこいいけど、どんな機能ですか?」

TXビームフォーミング機能は使用している端末をめがけ、ピンポイントで電波を発信する機能です。
WiFiの電波は弱点に壁などの障害物に弱いことがあり、ピンポイントで発信すれば通信が安定したり、通信スピードが上がったりします。

もうひとつは、「通信モード自動切り替え機能」です。

通信モード自動切り替え機能では、設定したデータ通信容量に達するとハイスピードプラスエリアモードからハイスピードモードに自動で切り替わります

「なぜ、自動で切り替える必要があるんですか?」

ハイスピードプラスエリアモードには、月7GBまでの通信上限があるからです。
この上限を超えてしまうと月末まで128kbpsという非常に低速な速度制限がかかります

この速度制限がハイスピードプラスエリアモードだけならハイスピードモードに切り替えれば問題ないのですが、ハイスピードモードも同様に通信制限がかかってしまいます。

なので、自動切り替え機能があれば上限を超える前にハイスピードモードに切り替えられます。

WX06の最大の特徴

WX06のひとつめの特徴は、2.4GHzと5GHzの周波数を切り替えることなく同時に使用できることです。

ルーター近くの端末は5GHz、隣の部屋など障害物がある部屋で使用している端末は2.4GHz、というように2つの周波数で同時に複数の端末を使えるのはWiMAXで初の機能です。

もうひとつは、QRコードで簡単にWiFiに接続できる機能で、パスワード無しで設定できます。

ルーター端末に標示されるQRコードをスマホのQRコードリーダーで読み込むだけです。

WX06には、この他にもクレードルがオプションであります。


W06とWX06の評判と口コミ

一番信頼できるのは実際に使っている人の感想ですよね。

ここでは、あなたが安心して契約できるようにW06とWX06の口コミや評判をお伝えします。

WX06の口コミと評判

2020年4月15日 19:37 [1310470-2]

購入後1ヶ月の感想

WX06購入後1ヶ月が経過したので、2回目のレビューをします。

結論から言うと、ほぼ満足している、と言えます。

WX03ではクレードルを使っていましたが、WX06では使っていません。

口コミでは、「クレードルを使った方が、速度が2~3割速くなった」という感想もありますが、体感的にはWX03のときとあまり変わらない

というのが私の実感です。

バッテリーの持ちについては、どうせほぼ毎日充電するので、今のところ何の不満もありません。

予想していたよりも長持ちする印象です。

「3年縛り」があるので、3年近く経過すれば、バッテリーが劣化するかもしれませんが、そのときは、3千円ちょっとで

バッテリーの交換をすれば済むことなので、心配はしていません。

ただ1点、使っていて気になることは、相変わらずタッチパネルの反応がやや鈍いという点が、気になる程度です。

————————————–

いまは新型コロナの影響で、通信速度が下がっているという声も時々聞きますが、

私の場合は今のところ特に影響ないようです。

最初はこのライムグリーンの色があまり気に入っていなかったのですが、慣れるにつれて「なかなかいい色だ」

と思えるようになってきました。

唯一の不満点といえば、毎月の使用料金がもう少し安くなるといいのですが・・・。

引用:価格.com

W06の口コミと評判

2020年7月9日 17:00 [1346138-1]

スリム化して普通に使えるモバイルルーター

【デザイン】

横型に戻ったので、充電設置時にも見やすい向きになりました。

表面と裏面でカラーが違うのはいつもの流れですが、

マットカラーな感じになり落ち着きがあります。

【設定の簡単さ】

いつもどおり、WPSでも良いですし、

記載通りのパスワードですぐ繋がります。

タッチパネルでパフォーマンスモードや、

通信モード切り替えができるので使いやすいです。

【受信感度】

年々受信感度は良いように感じます。

WXのアンテナ付きにすればよかったか悩みますが、

新しくなるごとにアンテナ感度も上がっているので

良いと思います。

【機能性】

かんたん接続が利用でき、

3年契約の方はプラスエリアも課金なしで利用できるので、

自動切り替えを使用し、無駄なく使えそうです。

【サイズ】

過去機種よりも薄くなりバッテリーもセーブモードなら

夕方くらいまでなら頑張れそうなので、

良いサイズ感だと思います。

【総評】

初期ファームからアップデートすると、

40Mbpsとか出ていたのは幻となり20程度となりますが、

安定して利用できています。

W01以来、バッテリー膨張は私の使い方では起こっていませんので

今のところ、安心して使用しています。

引用元:価格.com

W06とWX06を安くオトクに契約できるプロバイダ

WiMAXを一番安くオトクに契約するなら「GMOとくとくBB」がおすすめです。

おすすめする理由は3つあります。

  • 期間により高額キャッシュバックが受け取れる
  • 契約して20日以内ならキャンセルできる
  • 端末代が無料

上記の3つが大きな特徴で、特に2万円以上の高額キャッシュバックを受け取れるのはGMOとくとくBBだけです。

気になる方は下記の記事をご覧ください。

【スポンサーリンク】

まとめ

  • 通信スピードでいえばW06が断然速い!
  • バッテリー持ちはWX06が長持ち!
  • 安くオトクに契約するならGMOとくとくBB

以上が今回のまとめです。

本記事ではWiMAXのW06とWX06の比較と口コミ、評判、安くオトクに契約できるプロバイダを紹介させていただきました。

契約の参考になれば幸いです。
では、また!